ヨガを名古屋・栄でお探しなら岩盤ホットヨガのストーンスパスタジオSola 名古屋・栄の岩盤ヨガSolaの
ブログです。

スマホメニュー

Sola Staff blog ソラ スタッフブログ

ホーム > コラム > 妊活ヨガ

妊活ヨガ

2018年4月28日

・妊活って何からはじめたらいいか分からない…

・妊活中だけどなかなか効果が出ない

・ヨガは妊活に良いって聞くけど本当に効果はあるの

 

そこで今回は妊活中の方に向けて、ヨガが妊活におすすめしたい理由・具体的な方法・注意点について説明していきます。

妊活

 

妊活にヨガがおすすめな理由

妊活でヨガをされている方が周りにいたり、メディアなどでもヨガは妊活に効果的だという言葉を少しでも聞いたことがある方は少なくないかもしれません。

それだけヨガがわたしたちの生活に身近なものだということでもありますね。

 

妊活では生活習慣の改善・バランスの取れた食事・適度な運動が必要とされます。

またそれにプラスしてストレスを溜めずリラックスして前向きに妊活に取り組むことも妊娠への大きな一歩となります。

 

ヨガは汗をかいて息を切らしておこなう激しい運動ではありません。

深い呼吸に合わせてゆっくりとポーズを取ることで、自律神経の調子を整えリラックスできます。また各ポーズには妊娠に大切な骨盤・子宮・卵巣機能を整える効果が期待されます。

 

つまり、心と体のバランスを整えて妊娠に導きやすいからだ作りをすることができ、妊活とはとても相性のよいものです。

さらに岩盤ヨガでは天然の岩盤から放出される遠赤外線は全身をゆっくりとムラなく温めてくれる効果があります。

同じく発生するマイナスイオンは、効率よく体質改善に導いていきます。

 

 

柔軟性に優れている方がおこなう・または柔軟性を鍛えるものだとも捉えがちですが、ヨガは決して人と比べるものではありません。

 

深い呼吸とともに自分自身と向き合い体の声に耳をかたむけながら

進めていきます。

自分のペースで比べない・頑張りすぎないというのがヨガです。

 

 

妊活におすすめのヨガポーズ6選

 

各ポーズの効果を理解し意識しておこなうことで効果も高まります。

ここでは妊活におすすめのヨガポーズの一部をご紹介しますね。

ヨガポーズ

  1. 合せきのポーズ 

合せきのポーズは、骨盤を正常な位置に戻すことで子宮を正しい位置に導きます。

血行が促進され子宮の働きを活発にする効果があります。子宮の血行が促進されると子宮内膜を着床しやすい状態にする効果が期待されます。

ヨガポーズ

  1. 椅子のポーズ 

体幹を使って、空中で椅子に座っているように見える位置で体をキープするポーズです。骨盤周りの筋肉に刺激を与え、子宮の血行促進・環境改善を促す効果が期待されます。両手を上げることで肩・胸のストレッチも同時におこなうことができます。

ヨガポーズ

  1. 半月のポーズ

半月のポーズは子宮環境をよりよい状態に改善する効果が期待できます。

子宮の動きを活発化し十分な血液が循環することで、子宮内膜が厚くなり着床しやすくなります。立ったままできるポーズなので、仕事や家事のちょっとした隙間時間にできるのも嬉しいですね。

 

ヨガポーズ

  1. 橋のポーズ

 

橋のポーズは腰回りに働きかける力が大きく、骨盤底筋を鍛えて締めるポーズです。血行の促進やメンタルのケアなどにも適しています。女性ホルモンの分泌が増えて、妊娠力を高めることが期待されます。また腸の働きを促すこともできるため、お通じケアとしてもおすすめのポーズです

 

 

ヨガポーズ

5.ゆりかごポーズ

ゆりかごポーズは着床をバックアップする効果が期待され、排卵期に特におすすめのポーズです。お尻と太ももの外側をストレッチして刺激を与えることで、子宮・卵巣の血行が活性化する効果があり着床しやすい状態に導きます。

 

ヨガポーズ

6.シャバーサナ

究極のリラックスポーズと言われるのがこのシャバーサナです。

全身の力をだらんと抜いて目を閉じ仰向けに寝てゆっくりと自然な呼吸を繰り返します。ヨガの最後におこなうことが多いポーズです。

一見ただ寝転んでいるだけに見えますが、全身の力を抜くという行為が実はけっこう難しいんです。いかに普段体のどこかしらに力を入れているかを実感します。

体を解放するとともに、何も考えず頭の中を空っぽにするようにしましょう。

妊活中に溜まってしまいがちなストレスを解放するのにもおすすめのポーズです。1日の終わりに自分の呼吸を感じてリラックス…なんてのも良いですね。

 

※仰向けになると腰が痛くなる方は、腰の部分にバスタオルなクッションを挟んでおこないましょう。

 

 

妊活中のヨガでの注意点

妊娠しやすい体づくり・こころを前向きに保つ方法としてヨガが効果的だということをいうことをお話ししてきましたが、妊活中ヨガをおこなう時は注意すべき点がいくつかあります。

 

まずは妊娠の可能性が高まっている時期は激しい運動は控えなければいけません。ヨガ自体は激しい運動からは外れますが、負荷が大きいポーズもありますので、大事な時期に無理は禁物です。

 

個人差はありますが、自分の体調と相談しながら、時にはヨガを控える・簡単なポーズのみにとどめるなど、工夫をしましょう。

 

 

妊活

まとめ

今回妊活にヨガを取り入れた際の期待される効果、具体的なポーズ、注意点をご紹介しました。

少しはイメージが膨らみましたでしょうか?

 

ぜひ一度体験したいという方はスタジオでインスターの指導を受けてみませんか?

 

ご予約・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせくださいませ。お電話でのお問い合わせは、10時~21時(日・祝13時30分)で受け付けております。
ご予約専用Webサイトからのご予約・メールフォームからのお問い合わせは24時間ご利用頂けます。
トライアルのご予約はお電話にてお願い致します。
※エンダモロジーは栄店のみのメニューとなります。

  • お問い合わせはこちら TEL:052-957-5400
  • お問い合わせはこちら TEL:052-588-0303
  • メールでのご予約はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

名駅店フェイスブック

栄店フェイスブック

ライン

閉じる
地図 岩盤レナードヨガ ヨガフリーパス券をはじめました