名古屋と栄にある岩盤ホットヨガスタジオ ソラ

COLUMN

コラム

ホットヨガを徹底解説。岩盤ホットヨガと常温ヨガの違いや効果とは!!

2018.05.29 更新

ヨガスタジオ

ホットヨガの定義

ホットヨガとは、体を温めながら行うヨガのことです。部屋の温度と湿度は、体の柔軟性がもっとも高まるように設定します。一般的なホットヨガでは、室温30~40度、湿度55~65度に設定することが多いです。体を温めながらヨガを行うことで、ヨガの健康効果をより高めることが期待できます。また、たくさん汗をかくので、終わったあとの爽快感が強く、リフレッシュやリラックスを目的とする人にも人気があります。

ヨガに必要な常温のお水とタオル

ホットヨガの歴史

ホットヨガが発祥したのは、実は日本です。日本でヨガを教えていたインド出身のインストラクターによって、ホットヨガは考案されたといわれています。日本の冬の寒さではヨガのポーズをきちんととることができないと感じ、暖房器具を使用したのが始まりだったそうです。その後、体験した人々がその高い効果を実感したことで、ホットヨガは広まっていきました。

 

ホットヨガと岩盤ヨガと常温ヨガの違い

ヨガにはさまざまな種類があります。体を温めるヨガも大きく分けると、ホットヨガと岩盤ヨガの2つがあります。これらのヨガと、常温ヨガの違いについて確認してみましょう。

 

*ホットヨガについて

ホットヨガは体を温めながら行うので、ヨガの効果をよりしっかり発揮することができます。メリットやデメリットについては、次のようになっています。

・ホットヨガのメリット

ホットヨガを行うと体が温まるので、常温ヨガに比べて消費されるカロリーも多いです。また、冷え性を改善する効果があります。冷え性に効くポーズを積極的に取り入れれば、より高い効果が期待できるでしょう。さらに、たくさんの汗をかくので、デトックス効果も高く期待できます。体の柔軟性が増す分、常温ヨガではとりにくいと感じるような難しいポーズも比較的簡単にとることができるようになります。

・ホットヨガのデメリット

一般的なホットヨガでは、暖房器具を使用して室内を温めるので乾燥が気になります。ホットヨガでは湿度の管理も行いますが、レッスンを受ける際のポジションが暖房器具の近くになってしまうと、のどの痛みなどにつながる可能性もあります。また、岩盤ヨガとは違い、体を外側から強制的に熱くさせるので、しっかり汗をかいたとしても、体の芯までは温まっていないことも多いです。体に必要なミネラル分が流れ出ていきやすいともいわれています。

・こんな人にはホットヨガがオススメ

体の冷えやそれによる健康状態の悪化が気になるなら、ホットヨガに取り組むことでそれらを改善することが可能です。暖房器具を使って部屋を暖めれば行うことができるので、家でもホットヨガは実践できます。体を外側から温めることで、ヨガの運動による発汗を手助けする効果が期待できるでしょう。また、ヨガでリフレッシュしたいという目的がある人や汗をかいてすっきりしたいという人にも、ホットヨガは向いています。

ヨガポーズ

*岩盤ヨガについて

岩盤ヨガは、ホットヨガよりも高い効果が期待できるヨガの方法です。より自然に体を温めることができ、高い健康効果が期待できます。

・岩盤ヨガのメリット

岩盤ヨガは、一般的なホットヨガのメリットに加え、さまざまなメリットがあります。岩盤から発生する遠赤外線やマイナスイオンにより、体を芯からしっかり温めることが可能です。また、これらは体の細胞を活性させたり、血液やリンパの流れをよくしたりする効果もあるといわれています。その保温効果の持続性も高いといわれています。岩盤ヨガなら、汗から体に不必要なものだけが排出されるので、大切なミネラル分を失ってしまうことはありません。より自然に体を温めることができるので、不快感が少ない上、体に負担もかかりにくいのが特徴です。リラックスやリフレッシュの効果、デトックス効果、ダイエットなどさまざまな面において一般的なホットヨガ以上の高い効果が期待できます。

 ・岩盤ヨガのデメリット

ホットヨガは体を温めながら行うため、たくさんの汗をかきます。とくに岩盤ヨガは体を芯から深く温めるので、一般的なホットヨガよりも大量に汗をかくことが多いです。そのため、運動経験が少なく、大量の汗をかいたことがあまりないという人であれば、岩盤ヨガを終えたあとはかなりの疲労を感じることもあります。とくに初めてのレッスンでは、疲れすぎて家に帰ったらすぐに寝てしまうという場合もあるでしょう。ただし、体に悪い影響を与えているわけではないので、しっかり休めば次の日にはすっきりしています。

・こんな人には岩盤ヨガがオススメ

体への負担をなるべく減らした状態でホットヨガに取り組みたいなら、岩盤ヨガがおすすめです。暖房器具を使用する一般的なホットヨガは、ヨガを行う環境がどうしても不自然になってしまいがちなので、思わぬ影響が体に出る心配もあります。どうせなら、体を温めながらヨガを行う効果を最大限に高めたいですよね。岩盤ヨガなら、自然に体の芯を温めることができるので、より高い結果が期待できます。デトックスやダイエットをより効果的に行うことが可能になります。岩盤ヨガは専門のスタジオで行う必要があるので、インストラクターから指導を受けて正しく取り組みましょう。

ヨガポーズ

*常温ヨガについて

常温ヨガは、一般的に「ヨガ」と呼ばれるもの全般をさしています。ホットヨガ、岩盤ヨガともに、基本となっているのは常温ヨガです。より気軽に始められるのが特徴だといえます。

・常温ヨガのメリット

常温ヨガには、さまざまなポーズがあります。ホットヨガや岩盤ヨガは、どちらかというと体を温めたり、汗をかいたりすることで得られる効果が重視されますが、常温ヨガではよりさまざまな心身の悩みに効くポーズが展開されています。常温ヨガなら、選ぶポーズを工夫することで、汗をあまりかきたくない場合でも取り組むことができるでしょう。また、常温ヨガは、温度を気にする必要がないため、ヨガマットを敷くスペースさえあれば、どこでも行うことができます。家の中、ベランダ、屋外の広い芝生の上など、自分が心地よいと感じる場所を選ぶことが可能です。

・常温ヨガのデメリット

ヨガは呼吸法が重要です。これは常温ヨガに限ったことではないですが、ホットヨガなどのように体の外側からのアプローチがない分、呼吸法をしっかり実践できていないとヨガに取り組んだ効果があまり発揮されません。また、ホットヨガに比べると、体の可動域は狭くなります。インストラクターと同じポーズをとろうと無理をしてしまい、体を痛めてしまう人もいないわけではありません。とくに体がかたい人であれば、常温ヨガでは体をしっかり動かしたり、伸ばしたりできないこともあります。

・こんな人には常温ヨガがオススメ

暑さや汗をかくのが苦手だという人や、体力にあまり自信がないという人は、まずは常温ヨガに取り組んでみるとよいでしょう。常温ヨガはヨガの基本なので、試しに始めてみたいという人にはぴったりです。動画やDVDを参考にすれば、家でも1人で行うことができます。ヨガマットがなければ、バスタオルを重ねるなどして代用してください。常温ヨガにはたくさんの種類があります。ヨガの種類によって得られる効果はさまざまです。自分に合ったヨガを見つけることで、体の健康を促進しましょう。

\ 名古屋の岩盤ホットヨガならSolaへ /

  • 栄店へのお問い合わせ

    TEL.052-957-5400

    info@ganbanyoga-sakae.com24時間受付

    ホットペッパービューティ

    栄店 Webからのご予約はこちら

  • 名駅店へのお問い合わせ

    TEL.052-588-0303

    info@ganbanyoga-sola.com24時間受付

    ホットペッパービューティ

    名駅店 Webからのご予約はこちら

Subscription Plan

月額通い放題

会員区分

価格

通える回数

会員特典

ゴールドフリー

価格

¥17,410 (19,150税込)

通える回数

通い放題

会員特典

  • 1日2レッスン参加可
  • 手ぶら (1日1回となります)
    水.フェイスタオル,バスタオル,ヨガラグタオル,紙ショーツ,ウェア上下
  • 姉妹店JAPANYOGA
    (エアリアルヨガ受け放題)

シルバーフリー

価格

¥12,860 (14,150税込)

通える回数

通い放題

会員特典

  • 1日2レッスン参加可
  • 姉妹店JAPANYOGA
    (エアリアルヨガ受け放題)

ブロンズフリー

価格

¥10,000 (11,000税込)

通える回数

通い放題

会員特典

  • 1日1レッスン参加可

これらの通い放題プランが体験当日にご入会で
1ヶ月無料!!