ヨガを名古屋・栄でお探しなら岩盤ホットヨガのストーンスパスタジオSola 名古屋・栄の岩盤ホットヨガSolaの
ブログです。

スマホメニュー

Sola Staff blog ソラ スタッフブログ

ホーム > コラム > ホットヨガ・岩盤ホットヨガをして熱中症になることはあるの?気をつけるポイントを押さえましょう!

ホットヨガ・岩盤ホットヨガをして熱中症になることはあるの?気をつけるポイントを押さえましょう!

2018年11月8日

ヨガポーズ

ホットヨガ・岩盤ホットヨガをして熱中症の症状が出てしまう方もいらっしゃいます

ホットヨガ・岩盤ホットヨガをしていると、なかには熱中症の症状が出てしまう人もいます。熱中症になってしまうのは初心者だけとは限りません。場合によっては、インストラクターが熱中症になる可能性もあります。そのため、ホットヨガや岩盤ホットヨガをおこなうときは、習熟度に関係なくしっかりと対策をおこなっておくことが重要です。熱中症になってしまうとレッスンどころではなくなってしまうので、十分注意が必要です。しっかりと対策をとっておけば、ホットヨガや岩盤ホットヨガにおける熱中症は防げます。

悩み 睡眠 女性

 

なぜホットヨガ・岩盤ホットヨガで熱中症に?

そもそもホットヨガや岩盤ホットヨガで熱中症になってしまうのはなぜなのでしょうか。その点をしっかりとおさえておくことが必要不可欠だといえます。熱中症の原因を理解し、しっかりとした対策がとれるようにしましょう。

 

*温度に体が適応できない
ホットヨガや岩盤ホットヨガをおこなう室内は、暖房や岩盤によって温められています。体を動かさなくても汗をかく人も多い温度です。普通の室内で運動をおこなうときよりも熱中症になる可能性が高くなっています。温かい環境に身を置くので、体がうまくその環境に適応できないというのは決して驚くことではありません。環境としては真夏に外に出るのと変わらないでしょう。このように考えると、しっかりとした対策が必要だと実感しますよね。体に必要な栄養をきちんととり、体が環境の変化に適応できるような状態に整えておく必要があります。

 

*もともと体調がよくない
普段は問題なく適応できている場合でも、体調が悪い日にホットヨガや岩盤ホットヨガをおこなえば、熱中症になる可能性も高くなるので注意が必要です。体調がよくないときは、体が急激な温度変化についていけないことも多いです。普段は問題なくできていることも、大きな負担として感じるようになるかもしれません。ホットヨガや岩盤ホットヨガをおこなうときは、体調が万全かどうかしっかり確認をしたほうがよいです。少しでも不安がある場合は、無理をせず休養をとるようにしてください。「せっかくスタジオまで来たんだから」と無理をしてレッスンに参加してしまうと、想定以上の事態になってしまう可能性も無いとはいえません。ホットヨガや岩盤ホットヨガは健康を保つためにおこなうものです。決して無理をせず、体の状態に合わせておこなうことが重要です。

 

*水分補給が足りていない
ホットヨガや岩盤ホットヨガで熱中症になる原因としては、水分補給が足りていないということもあげられます。ホットヨガや岩盤ホットヨガではたくさんの汗をかくため、レッスン中もこまめな水分補給が必須です。体の水分が不足すると、体の温度調整が困難になることで熱中症を引き起こします。ホットヨガや岩盤ホットヨガで熱中症になる人は、水分補給をおろそかにしていたというケースがとても多いです。たくさんの汗をかくと体内の水分はどんどん外に出ていってしまいます。そのため、ホットヨガや岩盤ホットヨガをおこなうときは、多めに水分をとることが重要です。常温の水であれば体が冷えてしまう心配もないため、こまめに口へ運ぶようにしましょう。こまめな水分補給が吸収率を上げてくれます。また前日の水分補給も大事になってきます。

 

*睡眠不足でヨガをしている
レッスン中の熱中症の原因としては、睡眠不足もあげられます。睡眠不足になると、体調の調節が上手にできなくなり、ホットヨガや岩盤ホットヨガをおこなう部屋の環境に適応できない可能性があります。頭もボーっとしてしまうので、自分の体調の変化に気づきにくい恐れもあります。睡眠不足でもヨガをすれば気分がすっきりしますが、注意が必要です。仕事や日常生活が忙しいときでも、ホットヨガや岩盤ホットヨガをおこなえば、とても気持ちがよくてリフレッシュにもなりますよね。とはいえ、睡眠不足のときはしっかりと休養をとることがいちばんです。決して無理はせず、自分の体を休ませることを優先させましょう。

 

水

脱水症状や熱中症対策はしっかり行って、安全にレッスンを受講しましょう。

ホットヨガや岩盤ホットヨガにおける熱中症を防ぐためには、しっかりと対策をおこなうことが重要です。そして、仮に熱中症の症状が出てしまった場合は、正しい対処をすることが大切です。熱中症は命にも関わる問題ですから、しっかりと向き合って用心しましょう。ここでは、ホットヨガや岩盤ホットヨガにおける熱中症の症状や対策についてみておきましょう。

 

*熱中症の症状
熱中症の具体的な症状は、かなりいろいろなものがあります。なかには熱中症のサインだとは気付きにくいものもあるため、十分に注意しましょう。まず、熱中症になると体がだるい感じがしたり、風邪のような悪寒や微熱を感じたりすることもあります。レッスン中にそういった体の変化に気付いたら、無理はせず休みましょう。また、めまいや立ちくらみを感じる場合もあります。そういった症状が出たら、レッスンを続けると怪我につながる恐れもあるため注意が必要です。さらには筋肉痛や筋肉のけいれんが起きることもあります。足がつったり、筋肉に痛みを感じたりしたときには、それが熱中症のサインである可能性もあります。

 

*熱中症を予防するためにすべきこと
ホットヨガや岩盤ホットヨガでの熱中症を防ぐためには、まずはこまめな水分補給が第一です。レッスンの前後だけでなく、レッスンの間にもしっかりと水分を摂取してください。また、自分自身の体調をよく把握しておくことも大切です。少しでも体調に不安を感じるときには、無理せずにレッスンを休むことも必要です。安全にレッスンに臨むためにも、レッスンの前日はしっかりと栄養をとり、ゆっくり睡眠をとることを心掛けましょう。ホットヨガや岩盤ホットヨガのレッスンにおいては体にも負担がかかるため、自己管理を徹底することが必要になります。

 

*熱中症の症状が出たときの対応方法
仮に熱中症の症状が出てしまった場合でも、なるべく早く対処することが必要です。まずは水分をしっかりととって体を休ませましょう。その際には適度な塩分の補給も大切です。スポーツで塩分を補給するための食品も多く販売されているため、そういったものを常備しておくのもよいでしょう。なお、レッスン中に熱中症になってしまったら、スタジオから出て涼しいところに移動する必要があります。ただし、その際に焦って場所を移動すると、めまいなどの症状が長引いてしまう可能性もあります。そのため、決して無理をせずに、まわりのサポートを受けながら少しずつ対処するようにしたほうがよいです。

 

ホットヨガや岩盤ホットヨガをおこなうなら、熱中症対策が必ず必要です。はじめておこなう人は、実際の環境が分からない状態でレッスンに入るため、熱中症には特に注意しなければなりません。それ以外の人もしっかりとした対策は必要不可欠だといえます。熱中症になってしまってからでは遅いので、あらかじめしっかりとした対策が必要です。最初から最後まで快適にレッスンを受けるためにも、熱中症への備えを万全に整えましょう。

 

名古屋・栄の岩盤ホットヨガスタジオ【ストーンスパスタジオSola(ソラ)】

【ホットヨガ・岩盤ホットヨガをして熱中症になることはあるの?気をつけるポイントを押さえましょう!】コラムです!!

 

\ 名古屋の岩盤ホットヨガならSolaへ /

  • 栄店へのお問い合わせ

    TEL.052-957-5400

    info@ganbanyoga-sakae.com24時間受付

    ホットペッパービューティ

    栄店 Webからのご予約はこちら

  • 名駅店へのお問い合わせ

    TEL.052-588-0303

    info@ganbanyoga-sola.com24時間受付

    ホットペッパービューティ

    名駅店 Webからのご予約はこちら

Reservation / Contact

ご予約・お問い合わせ

メールフォームからのお問い合わせは24時間ご利用頂けます。
※エンダモロジーのご予約は栄店へお電話お願い致します。

初めての方もリトライの方も、手軽にLINE予約がオススメです。

LINEで簡単ご予約はコチラ
  • お問い合わせはこちら TEL:052-957-5400

    平日 9:30〜22:00
    土・日 8:45〜19:30 金曜定休

  • お問い合わせはこちら TEL:052-588-0303

    平日 9:30〜22:00
    土 8:45〜18:00 日 8:45〜15:00 月曜定休

  • メールでのご予約はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

名駅店フェイスブック

栄店フェイスブック

ライン

閉じる
地図 岩盤レナードヨガ ヨガフリーパス券をはじめました